COVID-19感染拡大に関する対応について

この度のCOVID-19の世界的拡散は、人類がこれまでに経験したことのない脅威となっておりますが、当社は、このような時こそ、お客様の皆さまと、しっかりとコミュニケーションを取らせていただくことが、これまで以上に重要であると考えております。

 

当社の各国グループ会社は、それぞれ、政府ガイドラインを遵守しながら、お客様と当社社員に対する感染回避のための安全措置について最大限の努力を続けております。その取り組みにより、お客様にサービスを提供し続けることと、社員とその家族の健康と安全を守ることのバランスを取ることに注力しております。

 

当社グループの工場では、COVID-19の重症患者の治療に不可欠な人工呼吸器や酸素濃縮器等で使用される製品を提供しており、厳しい環境下ではありますが、フル稼働にて対応しております。他にも、食料、水、物資を輸送するための大型トラック用のエンジンフィルター、病院/医療設備用フィルターおよびトランスミッションコンポーネント、患者の緊急輸送をサポートする航空宇宙回転翼機製品、食品や医薬品の鮮度維持に必要な冷凍技術等、日常生活に不可欠な技術を使った製品が数多くあり、ご提供し続けております。パーカーのテクノロジーを駆使した、製品とシステムは、COVID-19の感染拡大に対抗し、世界中で、治療最前線の取り組みを強力に支援しています。

 

また、米国工場においては、政府の要請により、Federal Infrastructure Industry (米国の重要インフラ産業)指定企業として、COVID-19の影響で一旦操業停止した工場も順次稼働を再開し、お客様のニーズに対して可能なかぎり対応できるよう体制を整えております。

 

当社は、この世界的パンデミックに直面する中、事業を継続しお客様にサービスを提供し続ける事が、我々の社会的責務を果たすものと認識しております。

 

そのため、当社は、早くから職場での感染を防ぐためにテレワークを導入するなど積極的な行動を取ってまいりました。また、ITインフラを整備し、デジタルを活用した製品トレーニングをさらに強化するなど、テレワークを主体とした働き方へ移行を推し進めて参りました。それらの取り組みにより、お客様にこれまで以上のコミュニケーションを取らせていただきながら、サービス/サポートの充実をはかっております。

 

非常に厳しい状況下ではございますが、少しでも皆さまのお役に立ちたいという思いでおります。ジャパン・パーカーおよびパーカー・ハネフィングループとして何かご支援できることがございましたら、是非、お申し付けください。

2020年4月8日

パーカー・ハネフィン日本株式会社

代表取締役社長日本地域代表  竹山 龍伸